読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どのくらいで届くか気になるほど?まちがいは今がお買い得で安い時期 |

格安
ワクチンの中の有害物質のせいだと私は考えています。子どものためにしっかり勉強しようと購入しました。(看護師とかに接種しろと説教されたりするから)同時期に産まれた姪は生後2ヶ月から打ちはじめ、すぐ酷い乳児湿疹が出て1歳になった今も黄色い汁でグッチャグチャです。

これっ!

2017年02月03日 ランキング上位商品↑

まちがいまちがいだらけの予防接種 [ 藤井俊介 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

以前から予防接種に疑問を感じていたものの、特に自分で調べることもせず周りに流され受けさせていました。予防接種の怖さ曖昧さをしっかり理解できました。以前から予防接種に疑問を抱いてましたがこの本を読んで「なぜワクチンが効かない」のか副作用による被害者が出続けていることや厚生労働省が隠蔽し続けているのこと非常にわかりやすく解明されましたそもそもワクチンとは何かという基本的な解説からワクチンが何から出来ているかとか(ワクチンは病原菌なのだし薬事法上は劇薬です)(ちょっと引いたのは死体からの病原菌も入ってるワクチンでした他にも危険な物質が多く含まれていますアレルギーの子を持つご両親は特に注意が必要です)簡単な例でいうとインフルエンザは咳きやくしゃみといった喉などから感染するものですが血液中にワクチンを入れても実は無意味これを毎年マスコミが煽ってワクチンをすすめているのだからまさにワクチンビジネスだなーという感じ・・。狂犬病なんて日本で50年以上出てないし・・現在1歳の息子。その添加物が食品に入っていたら?それを血液に入れるわけですから!慎重に考えなければならないと改めて思いました。ちなみにワクチンは感染源になっていることが確認されているので、周囲の人のためにも接種しない方が安全であることが別の書に書いてありました。まだ予防接種を検討されている方この情報が溢れている社会において、無知というのは罪です。こういう本を読むのはもちろん、自分なりの健康管理をしっかりと持って揺るがない気持ちにならないと駄目ですね。っていうかむしろ読むべきだと思います。この本を購入して本当に良かったです。ワクチンメーカーは発注したぶんすべて買い取ってもらえて儲かるのでおいしいビジネスだそうです副作用の種類も隠蔽なしでことこまく掲載されています「局所反応」「発熱」「けいれん」「アレルギー反応」「関節痛、関節炎」「熱性けいれん」「無熱性けいれん」「脳炎、脳症」「ギランバレー症候群」「ライ症候群」「他の神経症」「乳幼児突然死症候群」「他原因による死亡」これをもう少し実際の状態として説明すると「もだえ苦しみながら死ぬ」「たちも座りもできない」「寝たきり」「声が出ない」「絶え間ない痙攣発作」「重度のテンカン」「知能の著しい遅れ」「情緒不安定」「背骨や手足の関節が痛くて起き上がれない」「目が見えない」「耳が聞こえない」「骨が曲がる」「非常な怪力」「なんでもぶっ壊す」 「しじゅう落ち着きなく動きまわる」 などあとは強制から任意になったのも予防接種で障害が出たときに厚生省が否を認めなくて済むので被害者家族からさらに逃げやすくなったということがあります予防接種後の反応で心当たりのあるご両親にもこれから予防接種を控えているご両親一度目を通しておくと良い一冊と思いますほんの一例ですがポリオが日本で絶滅しているにも関わらず自然感染すると恐ろしい病気ですとか副作用は少ないですとか恐怖心を煽って任意になったにもかかわずまるでまだ義務摂取のように煽って儲けているワクチンメーカーに腹が立ちました日本はポリオを続けるから逆に被害者が減らないといわれています「予防接種へ行く前に」とともに楽天で購入し、一気に読みましたが、この本も、予防接種を受けさせる親として、一読しておくべき本だと思います。ステロイド剤を塗れば湿疹が消えるけど!ひどい便秘になり1週間くらいでなくなり!ウンチするときに痛くて泣いてます。予防接種を受けるか受けないかは、良い点悪い点をすべて知った上で各人が判断すればよいことですが、現状、悪い点は隠され、予防接種イコール万能のように考えられていることはとても問題であると思います。読んで良かったです。一切の予防接種を打っていません。何も知らないことが罪です。 長男は二歳ですが、MMR事件のことさえ知らずに、ほとんど受けさせてしまいましたが、ホントに大事にいたらなくて良かったと思います。持論ですが本当に必要な予防接種なんて実際はゼロに等しい。 そんな予防接種のために!大変辛く悲しい思いをし!今でも耐えている親御さんが現実にいるのです。どうしたら良いかを押し付ける本ではないので、結局は自分で決めなければなりませんが、何も知らないで勧められるがままに受けるのは怖いと思いました。ちなみに!一人目は途中で接種を中断しました。たくさんの方に読んでいただきたいです。期待出来そうです。少し前の本ですが!売れているようなので購入。事実を知らないということは本当に怖いです。 予防接種業界が、決して子供のためではなく、行政や、ワクチン業界の利益のために、多くの被害の上に成り立っている、とんでもないまやかしの業界でああることがわかりました。娘の予防接種を受ける時期が来たので購入しました。なんとなく受けた方が良いと思っていたことが!とても恥ずかしく思えました。おかげで自信をもって1本も接種することなく乗りきれました。息子にそんなつらい思いをさせずに済んで良かったと思います。子供たちの未来のためにも是非勉強していただきたいと思います。ただ!リスクの点で言うと!「予防接種を受けさせない変わった家の子」という偏見の方が色々なリスクよりも大きいという事実を知りました。ワクチンなんて製薬会社と病院の儲けのために存在している、と。予防接種を受けないことも子供を思ってのことですが!夫婦での意見が合わなかったり!周りからはおかしい!と見られたり…ですが!周りに流されずきちんとした知識を身に付け上手く予防接種と付き合っていくことが大切だと思いました。 今までは、病気になるほうが怖くて、予防接種を受けない勇気がありませんでしたが、逆に予防接種を受ける方が、相当の勇気と覚悟がいると思いました。読んで損はありません。二人目が産まれるので参考に。お子さんが出来る予定の方。ワクチンて本当に危険じゃないの?本当に必要な予防接種なんてこの世にあるの?その疑問に答えてくれる内容になってると思います。まだ全部読んでいませんが!基本的には反ワクチンの立場で書いてあります。犬の狂犬病予防接種とワクチンも同じ。 データ的には!数パーセントの被害でも!親にとっては!ゼロか100かでしかありません。(副作用です)一時期は毎週浣腸しに病院行ってました。個人個人が事実を知って賢明になっていかなければ家族を守れないと思いました。 。BCGすら打っていません。おかげで健康優良児!息子は1歳になるまで熱は2回しか出してません。産んでから2ヶ月くらいまで!予防接種に漠然と疑念を感じ!ためらっていて本書を読んだんですが!正解でした。(二児の母ですが、任意のものは二人ともほぼ接種していませんでしたが)予防接種を受ける前に、副反応についての説明はありますが、ワクチンにどんな添加物が入っているかなんて説明もなければ考えたこともありませんでした。獣医はあれでごはん食べてるんだから!と聞いたことがある。 しかも!救済の認定さえもらえずに。(そして熱があってもピンピンしてました)ワクチンは打たない方がむしろ健康ということが証明されました。